窓辺のレモンティ

社会人となり数年。日々の思いや考えを綴る、瀬戸こなつのブログです。

生き方

意味も分からず、なぜ人は生きるのだろう?

私たちはなぜ生きているのか。生きる意味とは何なのか。この世界は何なのか。人間が昔から考え続けてきたことであり、未だ答えの出ない問いである。 誰もが疑問に思っているが、その肝心なことはわからないまま、私たちは毎日仕事をしたり、学校で勉強したり…

物事は常に変化するもの。変化をまるごと受け入れる。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」 どちらも、この世の無常を表現している。変わることなく続いて見える物事でも、よく見れば移り変わっている。常に同じものはこの世には存在しない。永久不…

子供は生きたいように生きている。

子供を見ていると、すごいと思うことがある。 嫌なものは「いや!」好きなものは「すき!」欲しいものは「ほしい!」 不思議に思ったら、どんなことだってすぐに聞いてしまう。好きな遊びにはとことん夢中になる。ところ構わず走り回って、疲れ切って眠くな…

「経済的な選択」は本当に賢い選択か?

ある本を読みたいと思ったときにどのような行動をとるだろうか。私は書店で購入するよりも、図書館を利用したり、ブックオフ等の店舗やネットで中古本を入手することが多いかもしれない。 一番の理由は、やはり経済的だからだ。中古本は状態も良くて安いもの…

「自分を大事にすること」は誰も教えてくれない。

相手の気持ちを考える、人に優しくする、他人を尊重する、相手の立場に立って物事を考える…等々。これは私たちが幼い頃からずっと教えられてきたことだ。 コミュニティや社会の中で他者と生きるためには、自分の意見だけ通そうとしたり、わがまま放題に振る…