窓辺のレモンティ

社会人となり数年。日々の思いや考えを綴る、瀬戸こなつのブログです。

「雇われない働き方」という選択肢を、もっと。

 以前読んだ労働研究者の濱口桂一郎さんの著書では、日本と欧米の雇用について「日本はメンバーシップ型、欧米はジョブ型」という分析がなされていた。日本では、入社することは会社というコミュニティの一員になることを意味する。職務範囲は曖昧で、入った以上あらゆる仕事をこなさなければならない。一方欧米では、必要とされている特定の仕事が先にあり、その仕事ができる能力を持った人間がポジションに採用されるのである。

 

 これを読んで、なるほど、その通りだと思った。と同時にジョブ型の働き方に憧れを抱いた。会社に雇われた以上、終身雇用という安定と引き換えに、いかなる職務や勤務地、労働時間でも受け入れるというのは納得がいかなかったからだ。

 

 ただ現状日本においてジョブ型で働きたければ、非正規社員として働くことがメインとなってしまう。そこで先の本で提案されていたのが「ジョブ型の正社員」という雇用形態であった。つまり「仕事内容や勤務地、勤務時間は限定されているが無期雇用の正社員」という、いわば日本と欧米の中間にあたる働き方だ。それは当時魅力的に思えたし、「正規か非正規か」という選択が主流の日本において、働き方の多様化につながると思った。

 

 それから数年が経ち、地域限定社員などのジョブ型正社員枠も以前より増えたように感じ(特に金融業界)、就職活動中も目にした。だが実際に社会人となった今は、少し違う意見を持っている。

 

 ジョブ型正社員という第三の働き方が出現しても、それは限定された多様化に過ぎないのではないかと思うようになった。なぜなら、結局会社に属して働くという点では他の働き方と変わらないからである。私たちの価値観はもっと複雑に多様化しているように思う。特に同世代の友人と話すと、「会社に雇われずに働きたい」と思う人が大勢いるのだ。(できればそうしたいと願うのは、どの年代でも同じか…。)特定の資格や高度なスキルを有する場合に限らず、もっと自由に働くことはできないのだろうか。

 

 私が注目するのはやはり、組織に雇われないフリーエージェントという形態である。フリーエージェントならば仕事内容や仕事をする場所、時間等を自分で選ぶことができる。自分がやりたいこと・好きなことをして、より自分の生きたいように生きられると思うのだ。当然、フリーエージェントならすべてがバラ色というわけではない。しかし、自分で選び決断したということ、自分が本当にやりたいことであるという点が全てを変えると思う。

 

 雇われずに働くことは、今の社会の仕組み上リスクが大きい。健康保険の加入などをはじめ、様々な問題がある。アメリカでは既に25%がこの働き方を選んでいるというが、日本で広まるかどうかはわからない。

 

 だがもし、フリーエージェントとして生きる土壌が作られれば、働き方のバリエーションが大いに増える。なにしろ、雇われずに働けるというのは非常に画期的だ。組織で働いてもよし、ずっと勤めるもよし、辞めるもよし、様々な会社を経験するもよし、自分でビジネスを行うもよし、そしてフリーエージェントとして働くもよし、だ。

 

 「個」の時代と言われ、人々の嗜好やニーズは多様化し、商品やサービスは日々新たなものが生み出されている。だが働き方に関しては従来からほぼ変化しておらず、選択の幅があまりにも狭い。価値観や人生観は大きく変化しているのに、前時代的な印象が否めない。

 

 大学卒業から約40年もの間同じ会社で働き続けるだとか、組織の画一的な夢を一丸となって追い求めることが生きがいとなるような時代ではない。個人が自らの命や生き方と深く向き合い、主体的に生きる時代なのだ。焦点が当てられているのは一人一人の「個人」だ。フリーエージェントに代表される自由で柔軟な労働形態が多く現れ、働き方の多様化が進むことを切に願う。